アルガンクレンジングオイル 体験レポ

アルガンビューティー

AGB クレンジングオイル
を使ってみました。

箱と本品

ピンクの女性らしいデザインですね。

肌質を変えたかったらまず見直すのは洗顔から!
というくらいクレンジング次第でお肌の状態は変わりますよね。

オイルは洗浄力が強いので、出来るならクリームやミルクを使いたいところ・・・

でも、しっかりメイクやすっきり落としたい派の方には
やっぱりオイルでないと!!

ということできちんと落ちるのにしっとり感でつっぱらない、
と評価の高かったこちらのオイルを試してみました。

  • 箱正面
  • 箱背面 内容量、使用量 
  • 本品正面
  • 本品裏面 成分

全成分

コメヌカ油、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、アルガニアスピノサ核油、イソステアリン酸PEG-3グリセリル、アルニカ花エキス、フユボダイジュエキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、セージ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイ花エキス、トウキンセンカ花エキス、スギナエキス、カミツレ花エキス、スクワラン、トコフェロール

保湿成分であるコメヌカ油と
ピュアアルガンオイル(アルガニアスピノサ核油/保湿成分)10%配合

その他、植物エキスを数種類配合

使い方

顔や手が乾いた状態で2~3プッシュ手にとり、メイクとやさしくなじませます。
その後、ぬるま湯で洗い流してください。

2~3プッシュ出した状態

テクスチャは少し硬めのオイル。
手に出してもトロッとしていて、
水のようにサラサラ流れていってしまう感じではありません。

実験

クレンジングで一番気になることはメイクのオチ具合。
実際に試してみたいと思います。

左から

  • リップティント
  • グロス(オレンジ系)
  • グロス(ピンク系)
  • アイブロー
  • マスカラ
      • 腕に4色の口紅をのせた状態
      • 口紅がついた腕にオイルを落とす
      • オイルをなじませる
      • オイルが完全に混ざり合った状態

      さすがにオイルを置いただけでメイクが溶けだすようなことはないですが、
      軽くなじませると短時間でメイクが浮いてくるように思います。

      完全に混ざり合いました。
      オイルは擦りすぎると肌に摩擦となってしまうので
      手早くなじませて時間をかけすぎないように注意ですね。

      分かりやすいようにティッシュオフしてみましたが、
      キレイにメイクが落ちていました。

      1ヶ月使用してみて。

      まず「油」という匂いがありますが、香料のような人工的な匂いはありません。
      サラダ油のような、THE油という匂いに最初は少しだけ抵抗がありました。

      顔全体になじませていくと、顔全体で油膜に覆われてるみたいです。
      ベタつきが残らないか心配しましたがそこは問題ありませんでした。

      顔全体で2プッシュ、足りないと感じるところに1、2プッシュ。
      目に入らないよう気を付けてアイメイクを落としていたのもあってか、
      沁みるようなことはなかったです。

      手で触ってザラつきが気になるところは
      少しだけ丁寧にくるくるすると角栓がポロッととれてる感触が。

      洗い流してみると、
      油が残っている感じはない、つっぱり感もない、メイク落ち残しもなしでした。

      W洗顔不要ということですが、
      オイルなので洗い残しがあるとトラブルの元なので個人的には少し不安。
      ただ、今回は試しにと思い2日に1回をクレンジングのみにしてみました。

      それで肌が良くなったとも悪くなったわけでもありませんが、
      洗顔なしでも肌トラブル等はなかったです、

      なんとなくですが、W洗顔せずこのクレンジングだけで済ませた方が、
      洗い終わりの肌がもちっと柔らかい気がしました。

      保湿成分で落とすのでオイルクレンジングの中では断トツ、乾燥しにくいと思います。
      ササッと時短で落としたいという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です