デルファーマ『リフトAエッセンス』効果検証

つかってみました!

今回ご紹介する商品はこちら

50代。エイジングサインはオンパレード。
スキンケアはかなりズボラ。

いつの頃からか、これが肌老化!とは、気づいていたはずなのに、
まだ大丈夫・・・まだ大丈夫と、とどのつまりが今のわたし。

いまさら感もありつつ、なんとかしなければ!と
期待を寄せて選んだ商品が、
エイジングケアの味方、レチノール配合製品。
デルファーマ『リフトAエッセンス』
その効果は “シミ・くすみ、小じわ・たるみ”
一石四鳥♪






鉄板のヒアルロン酸も入っているし、
魔法のことば『高濃度配合』に強く惹かれた次第。

真っ赤なボトルの中身は、

空気に触れないエアレスポンプ容器だから、雑菌や酸化も安心かな。

使い始める、そのまえに

『レチノール』のかんたん学習
→ビタミンA は、レチノール、レチナール、レチノイン酸およびこれらの誘導体の総称。★レチノールとレチノイン酸の違いは?
→レチノールは、皮膚の表皮の基底層に運ばれると、
レチノール ⇒レチナール ⇒レチノイン酸 に変化。
実際にお肌を生まれ変わらせるのは、レチノールではなくレチノイン酸。★だったら、「レチノイン酸」配合を使うのが近道じゃない?
→レチノイン酸は、「トレチノイン」という医薬品のため、皮膚科や美容クリニックでしか取扱い不可。化粧品成分として使われるのは、レチノールとレチナールのみ!

ということで、レチノールで地道なホームケアを始めます!
※ちなみに、トレチノイン(ビタミンAの最上級)と併用して使う超強力なやつはオバジ!ゼオスキンヘルスから発売されてます。

では、使い始めの写真公開

末期的状態。デジカメ怖い!

事実を突きつけられ、撃沈気分で使用開始♪

白色のクリーミークタイプ

この美容液、匂いはあります。
私はそれほど気になりませんが、少し発酵したような….
でも、これって原料をごまかさずそのまま使用している証拠ですよね。

使用感は、ゆるいとろみがスルスル伸びて、しかもベタつかない。
使い心地は大満足 ^^
そのあとにクリームを重ねても全然重くないです。

朝は、しっかりお約束の“日焼け止め”も使用しています。
※レチノール使用中の肌は、いつもより紫外線のダメージを受けやすいそうです。

そして、2週間、毎日朝晩使ってみました。
・・・でも、効果を実感!と言い切れるほどのハリ感アップは感じられません。
撃沈肌のまんま。
「レチノイド反応」と言われる、皮膚の炎症や肌荒れも全くない。
・・・それはそれで、肌にビタミンAが浸透していないではと心配に。

ところが!
3週間過ぎた朝、洗顔後の素顔をみた母のひとこと。
「最近はちゃんと肌の手入れしてるんだね。」
えっ! (+。+)
自分では残念ながら全く実感なし。
もしかして、もしかして・・・新しい皮膚細胞が誕生しているのかも?!

俄然、調子付いて新たなケアを投入。
少しでも有効成分の浸透が良くなりますように!と願いを込めて
お家でかんたん「ホームピーリング」を試してみました。

いろいろな種類がある中
肌を擦ってポロポロと落とすタイプは、
いかにもな感で、ついつい擦りすぎてしまう気がするので、

今回は、洗い流すジェルタイプ
デルファーマの「エンザイマジェル」と「エピダーマジェル」をチョイス!

まずは、前処理の角質柔軟剤「エンザイマジェル」を
顔全体に広げ指先でクルクルとマッサージを1~2分。

一時的なピリピリ感が効果の“しるし”と信じて、
次に、ピーリング剤「エピダーマジェル」を2~3分。

ピーリング後の肌は、いつもより幾分なめらかな滑り。
でも、さすがに『たまご肌』とまでは(笑

そして、いよいよ《1ケ月後がこちら》
もはや合体化した法令線とゴルゴ線に乗っかっていたお肉が
少しとれたような・・・
気がしませんか??

すっかり鈍感になっている私の肌。
この美容液で劇的に変化を感じた!というほどではありません。
でも、なんとなく肌の調子が上向いてきているようにも思えるので
期待を寄せて継続意志は、あり判定!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です