綺修たばた油を試してみました

小さい時からくせ毛に悩まされてきた私の髪。
ストレートアイロンで真っ直ぐに伸ばしても、時間が経つうちに
うねり、ぱさつき、広がりが酷くなってきて、まとまらなくなります。

ヘアスタイルが決まらないと1日笑顔で過ごせませんから、毎朝のブローは苦労します。

サラサラのロングヘアーに憧れて、これまで色々なヘアケア剤を試しました。
でも、なかなかコレという物に出会えません。

そんなときに見つけたのが、綺修たばた油です。

  • 内容量 100m
  • 価格  5940円
《有用成分》パーシック油(アプリコットカーネルオイル)スクワラン(オリーブスクワラン)ホホバ油、ブドウ種子油(グレープシードオイル)、スクレロカリアビレア種子油(マルラオイル)、アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)、オレンジ果皮油(ブラッドオレンジ精油)、トコフェロール(ビタミンE)

成分を見てもわかるように、ノンシリコンで天然のオイルだけをブレンドしてあります。

プッシュ式の容器です。残念ながらオシャレ感はありません。

このオイルの他に、「綺修たばた」という内部浸透型補修剤もあります。

http://sky10-tabata.com/info.htm

使用方法

  • 1回の適量は、1~2プッシュです。
  • 髪だけでなく顔や体にも使えます。
  • 洗顔後の化粧水前に使用することで、オイルがブースターとしての役割をしてくれオススメなのだとか。乾燥が気になるときは、重ね付けでハンドプレスすると良いそうです。




私はお手入れの最後に目元に少しつけてみました。乾燥が防げたせいか、いつもより目元の小じわが目立たなかったような気がします。

▼1プッシュはこれくらいの量です。

1プッシュの量

1~2プッシュでも十分とのことですが、ロングヘアーだともう1プッシュ足したくなるかも。私は3プッシュ使ってみましたが、べたつくこともなく、サラサラに仕上がりました。

ビフォー・アフター

タオルドライ後

タオルドライ後

▼オイルをつけてハンドブロー

オイルをつけてハンドブロー後

タオルドライした髪はいつもこんな感じにうねっています。
オイルをつけた後、ドライアーで乾かしながら手ぐしで整えただけですが
毛先のクセが伸びて艶が出ました。

それでも、顎から上の顔周りのクセは気になるので、ストレートアイロンを使います。

いつもよりアイロンが扱いやすいかも。オイルの効果で滑りが良いからかな。

このとおり顔周りのクセもしっかり伸びました。

▼アイロンでブロー後すぐ

アイロンでブロー後すぐ

▼8時間経過後

8時間経過後

       
  

時間が経ってもクセがおさまり、髪も広がることがありませんでした。

中学1年の私の娘でも試してみました。
年頃の女の子なので、髪型には気を使っているようです。

▼タオルドライ後 

タオルダライ後

▼オイルをつけてハンドブロー

オイルをつけてハンドブロー後

           
   

いつも使っているヘアオイルは、甘い香りとベタつきが気になるらしく
「このオイルいい香りだし、サラサラになるーー」と喜んでいました。





オイルをつけてドライアーで乾かしながら手ぐしで整えただけで、キューティクルが整い天使の輪ができています。

使ってみた感想

◎良かった点

  • オイル独特のベタつきがなく、サラサラになる
  • ノンシリコンの天然のオイルなので全身に使える
  • そのまま手に馴染ませれば手の乾燥も防げる
  • ほどよく爽やかなオレンジの香りが癒やされる
  • 時間が経っても毛先がぱさつかず広がらない

×悪かった点

  • 値段が高い
  • パッケージのデザインがいまいち

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です