制汗スティック、ディーバー(D-bar)を使ってみました。

朝起きて、今日も暑くなりそうと分かると、
それだけで憂うつになること、ありませんか?
去年までの私は毎日そうでした。
原因は、汗。
自分のワキガが気になって、気になって。

そんな不安な私を救ってくれたのが、
制汗スティック「D-bar」です!

学生の頃から、わきが対策には真剣でした。
市販されている制汗剤はほとんどすべて試しました。

スプレータイプの制汗剤は、香りがいいし、手軽だし、好きだったんだけど。
毎日毎日使っているうちに、ワキが痒くなって、かぶれてしまいました(涙)

ロールオンタイプは、朝塗っても夜までは効き目が続かず、塗り直しが難しい。

本当にどうしよう、美容皮膚科でボトックスの注射をしてもらおうか?
汗腺の手術をしてもらおうか?
人知れず、本当に悩んでいたんです。

それが、こんなに簡単に解決するなんて、思ってもみなかった!

中身

「D-bar」は、固形タイプの制汗剤。医薬部外品です。
スティックタイプの直塗りクリームだから手も汚れない。
キャップを外して、気になるところに直接ヌリヌリするだけ。

さらっとしているので、べたついたりもしません。
朝、塗ると、夜まで効き目が長続きするんです!
そして、毎日毎日使っても、かぶれることがありませんでした!

皮膚科の先生がおすすめしているというのも頷けます。

有効成分

「D-bar」の有効成分は、「乾燥硫酸アルミニウムカリウム」と「イソプロピルメチルフェノール」。
「乾燥硫酸アルミニウムカリウム」は、焼ミョウバンのこと。
収れん作用で毛穴を引き締め、汗を抑えて、抗菌作用もあるそうです。
「イソプロピルメチルフェノール」は、嫌な臭いの原因になる菌を殺菌してくれます。
メントールも入っているので、かすかに、さわやかなすうっとした香り。

焼ミョウバンと聞いて、ふと思い出したのが、「デオナチュレ ソフトストーン」。
確か、これも焼ミョウバンの力で汗とニオイを抑えてくれるはす。

さっそく、比べてみました。

比較写真

左が「デオナチュレ ソフトストーン」、右が「D-bar(ディーバー)」。
似てますよね!
デオナチュレが20g698円、ディーバーは15g1500円。
使い方も同じ、繰り出して使う直塗りスティックタイプです。

有効成分も同じで、「焼ミョウバン(乾燥硫酸アルミニウムカリウム)」と「イソプロピルメチルフェノール」。
そのほかもメントール(香料)、セスキイソステアリン酸ソルビタン(乳化剤)、ポリオキシプロピレンブチルエーテル(POPブチルエーテル)、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT:酸化防止剤)など、両者とも同じ成分で構成されているんですね・・・

肌に塗ったときのスルスル感、効き目の持続性なども、差が感じられないかな。
使用上の注意事項「乾いた清潔な肌に塗ってください」まで同じ。
(濡れた肌に塗ると、効き目が弱くなるみたいです)

黒い画用紙に中身を直塗り

なんとか、違いを見つけよう!と思って、
黒い色画用紙に直塗りしてみましたが・・・あまり変わりません。

どちらを選ぶか、迷いますね・・・。

でも、私は、昔、制汗スプレーで肌がかぶれた苦い経験があるので、皮膚科でもすすめている「D-bar」を選びます。

中身がどれ位あるか

↑これは、どのぐらい入っているのか、知りたくて、最大限まで出してみたところ。
実際使うとき、こんなにたくさん出したらポキッと折れてしまう(笑)。

これ一本、毎朝、両脇をヌリヌリして、4カ月は持ちます!
コストパフォーマンスも優秀。

ほんとに、もっと早くに出会いたかった!!
ワキガが気になる皆さん、ぜひ、使ってみてくださいね。

それでは、また☆

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です