白髪対策 アデランス ビューステージポイントヘアカラー体験談

アデランス ビューステージポイントヘアカラーで若返り?!

お肌はもちろんのこと、年齢を重ねるといろいろなところにメンテナンスが必要になってきます。美容院でカラーリングをしていますが、美容院へ行くほどではないけれど、最近、生え際の白髪が気になるようになってきました。ドラッグストアで気軽に手に入る白髪染めには少し、抵抗があります。

発毛、育毛、増毛のイメージが強いアデランス。
育毛剤、シャンプーやコンディショナー、の他に「ヘアカラー」も販売しているのです。

髪の毛のパイオニア的な会社が販売しているものだから、髪にも頭皮にも優しく、使い勝手もいいものに違いない!しかもアデランスショップに行かなくても楽天やamazonで買える!色は「ナチュラルブラック」と「ダークブラウン」の2色展開で、「ダークブラウン」を即注文、即届きました。

ヒョウ柄のようなパッケージ。「ペンで書くように塗れる!」というコピーが手軽さを強調しています。
外包

雨や汗で髪が濡れると色落ちしやすくなるそうです。色落ちすると洋服や帽子、枕カバーなどが汚れてしまいますので注意が必要ですね。襟元や肩に触れる部分の使用は控えるように記載があります。襟足や毛先には使用しないほうがよさそうですね。

裏面
カラーリングというと髪が痛むようなイメージがありますが、植物由来の着色成分と美容成分が配合されているのでこれなら安心。
成分
【洗い流し不要】と強調されています。髪の毛をとかすように塗るだけなので忙しい朝やお出かけ前にもサッと使えて便利そうです。
使用方法
外側のパッケージに書ききれなかったのでしょうか?!パッケージの内側にも注意書きがあります。
注意書き

パッケージを解体してみました。

  • 髪にワックスやムースなどの整髪料、育毛剤などがついていない状態の乾いた髪に使用。
  • 使用後のシャンプー時に泡やすすぎ水に色に色がつくことがある。
  • シャンプー後、タオルに色がつくことがあるのでしっかりすすぐ。
  • 髪が濡れたままの状態で寝ると枕カバーが汚れる。  などなど。。。





色落ちには注意が必要です。

注意書きと仕様書
分け目と生え際では使用方法が異なります。
分け目と生え際 使用方法の違い

染料を出やすくするためでしょうか。蓋部分を下向きにしないと独立して立てて置くことができません。

・このように立ちます。
・そこが丸いので立てておくことができません。
ダークブラウンはどのような色なのか??コピー用紙に塗ってみました。
想像していたより、黒いのですが大丈夫でしょうか。
使用前の髪です。
使用前の髪
画像のように髪を持ち上げて使用するのではなく、髪を降ろした状態でブラッシングしたほうが発色はいいようです。特に気になるような匂いはありません。
使用中
白髪は若干、カバーされているようです。。。
おろすとこんな感じ。美容院のカラーリングの色と比べると、黒いですね。。。
染めた感じ
上手くブラッシングしないとはみ出して肌についてしまいます。
肌についてしまう
ブラシタイプなので手は汚れないと思っていましたが、指と爪についてしましました。石鹸ではなかなか落とし辛かったので手袋をしたほうがいいかもしれません。
付着すると石鹸でもなかなか落ちない

キャップを外すだけで乾いた髪をとかすように使用できる上に、液垂れやベタつくこともなく乾きが速いのでお出かけ前にサッと使えて便利です。まさにコピー通り「ペンで書くように塗れる!」しかもコンパクトなサイズなので旅行などにも気軽に携帯できます。
※手を汚さないように注意が必要です。

使い続けると徐々に白髪が目立たなくなっていくようですが、今回は一回だけ使用してみました。白髪は自分で発見するだけで年齢を感じ、気分が落ち込んでしまいます。
一時的ではあってもこのような悩みから解消されることは嬉しいものです。
白髪でお悩みの方はぜひお試しください。  ちなみに剛毛狙いの場合は、モンゴル人がヒントとなってうまれたモンゴ流シャンプーというのもあります。楽天市場モンゴ流シャンプーもご覧ください。





あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です