ハニカムスポンジ体験レポ

スティミュライト
ボディ エクスフォリエーター by スプラコール
(Supracor Stimulite Honeycomb Body Exfoliator)

を使ってみました。
箱と本品
使用方法

「ハニカムスポンジ」という名前でSNS等でひそかに話題になっているこちら。

本体裏書の説明によると
「背中の汚れや皮膚分泌、老化角質をきれに除去しソフトで滑らかなお肌に整えます。」
ということで、すごーく簡単に言うと、垢すりみたいなものです。

垢すりというとゴシゴシと痛いイメージがありますよね。
顔はちょっとした摩擦にも気を使うのに体はゴシゴシだなんて、、

このハニカムスポンジは、ハチの巣みたいな六角形の穴がたくさんついていて、
やさしい力で汚れや古い角質を落とすというものです。

絆創膏のテープ部分にも使われているようなTPU素材をうすーく伸ばしたもので、
弾力性があってぴたっと肌に密着してくれます。

サイズは3タイプ

フェイス用

顔用

フェイス、ボディ用

フェイス、ボディ用

ボディ用

背中、ひじ、膝用

私は背中、ひじ、ひざをしっかり洗いたかったので
手持ちがついたボディ用にしました。

良く見ると透明の面と黄色の面が。

透明=ソフト
黄色=ハード
リーバシブルになってるんですね。

ちなみにくるくるっと巻いておけるので、
乾いた状態ならこのように巻いて収納が出来ました。

使い方

お湯に濡らす、または泡を立てたボディソープをつけて
力をいれずに全身を洗います。

基本は透明なソフト面で。

かかとくらいの硬い角質は黄色いハード面を使っても良いです。

さっそく使ってみました

使い始めて3ヶ月程になります。
少し使い慣れるまでに奮闘しましたのでその流れも書いていきます。

【初日】

ボディソープを先に泡立てネットで泡立ててハニカムスポンジにつけてみると、
うーん、いまいちでした。泡が消えていってしまう、、

ボディソープを泡立てずにつけてハニカムスポンジ上で泡立ててみる。
ゆるーい泡ですが、まぁ洗えないことないです。

スポンジ表面は手で触ると柔らかいのですが、今までにない洗い心地。
ちょっと痛くてこれだけで体を洗うには洗い切れていない感じがしました。

取っ手があるおかげで背中はとても洗いやすい。
背中以外はどのように持っても手にフィットせず、難しいです。

が、洗った後の肌は、「感動!!」ってくらいにつるすべでした。
手で触っても「キュキュッ」と音がするような(音はしませんが)感じでした。
汚れが落ちてる感じがすごいです。
病みつきになりそう。

【半月後】

1週間に2回くらいの頻度で使っていましたが、背中にかゆみが。
冬だったので乾燥したのかもしれません。
かゆみがあるところはボディクリームを塗ることで解決。

【3ヶ月後】

いまだに泡立てと、背中以外の洗い方に慣れません笑。

もこもこに泡立てたボディソープで先にかるーく体を洗い、
洗い流さないままハニカムスポンジで洗うという洗い方が私には合ってるようです。

しかも、全身ではなく、角質が気になるところだけ。

皮膚が弱いところは角質を取りすぎるのも良くないですし、
ボディタオルよりも硬めの素材なので場所によってはくすっぐたくて洗えないところも。

そしてお風呂から上がったらボディオイルやクリームで保湿をすると
かゆみ等が出なくて柔らか肌になります。

さいごに

ボディ用なので大きすぎて洗顔には向いていません。
小鼻もつるつるになると聞くので今度はフェイス用も買ってみようと思います。
ちなみに、日本よりハワイで買うと少しお安く買えるそうです。
旅行などで行かれる方がお知り合いにいらっしゃったら
頼んでみるといいかもしれないですね。

肌がすごく弱い方、敏感肌の人には向いてなさそうですが、
普通肌の方や垢すりでゴシゴシしていた方には一度試してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です